2012年10月20日

保険でも上手なところで自費の義歯を

保険でも使える義歯を作れるところでなら安心して高級な義歯も任せることができます。
痛くなく、外れないで、噛める義歯ということで義歯の一応の目的は達せられます。
これ以上のこと、つまり口元の若々しさ、美しさ、話しやすいこと、何でもよく噛んで食べられること、金属のバネがないことなどをすべて満たしたいと思うときは自費の義歯でないと難しいのです。
保険の義歯はそこまでは考えられていません。
保険の魅力は負担金が少なく、安いということです。
でも良い義歯はそれだけの価値があるということで、5年から10年の保証もついていることも魅力です。
1日80円ぐらいの負担にしかなりませんから、良い義歯が一概に高いとは言えないのではないでしょうか。
posted by 阿部 和弘 at 13:10| Comment(0) | スーパーモダンデンチャー

2012年10月12日

義歯の上手な歯科医の見つけ方3

保険の義歯を嫌がらず、4回から5回の通院で義歯が完成できるところは、義歯が上手に作れる歯科医院です。
義歯を作るのに自信を持っていると言ってよいでしょう。
しかし本当に上手か下手かは義歯を完成して装着してからよく分かります。
義歯というものは装着したらすぐに結果が出ます。
痛い、外れる、噛めないというのがあります。
この3つを無くさないと使える義歯になりません。
良い義歯はこの3つはない義歯ということになります。
この3つのことは正しい印象と試適がなされていれば、15分から20分もあればすべて解消できるのです。
ここまでで、本当に腕の自信のある歯科医かどうか分かるわけです。
posted by 阿部 和弘 at 11:06| Comment(0) | スーパーモダンデンチャー

2012年10月02日

義歯の上手な歯科医の見つけ方2

義歯を上手に作れる歯科医師はどんどん減ってきています。
保険で作った義歯で、うまく噛めたり、痛くなかったら儲けものという時代に入ってきています。
全般論で言いますとその通りでしょう。
しかし、それでは患者さんは困ってしまいますね。
そこで、義歯を作るとき、歯科医に尋ねてみましょう。
「1か月ぐらいで完成できますか?」
「できる」ということなら一応合格ですが、「どのくらいの回数の通院ですか?」を尋ねてみることです。
「4回から5回で義歯が入る」と言われたら、一応合格です。
このあたりが曖昧なら、義歯が上手に作れない所だということになります。
ムリ、ムダ、ムラがなく、上手に義歯が作れるところは4回から、5回で作るのです。
posted by 阿部 和弘 at 11:35| Comment(0) | スーパーモダンデンチャー